会長あいさつ

会長

東京経営者協会は、1946年に関東経営者協会として創立後、70年余りにわたる歴史を経て、2016年4月に 「一般社団法人 東京経営者協会」 として新たな出発をしました。

この間、日本経営者団体連盟(日経連)との共同事務局としての活動を経ながら、1997年に関東経営者協会から東京経営者協会に名称を変更し、2002年の日経連と経団連との統合を機に、東京における総合経済団体として分離して、活動を強化してきたところです。

当会では、会員企業・団体が直面する、グローバル競争、急速に進む少子・高齢化等の様々な経営諸課題への対応をサポートするため、多様な活動を続けてまいりました。今後も、会員企業・団体が自らの革新・発展に向けてその力を発揮できるよう、取り組みを強化してまいります。

具体的には、人事・労務・総務を中心とした経営課題の解決に資するよう、トップ層から実務担当者までの相互啓発・交流、情報提供、個別相談への対応、調査研究・提言等を行うとともに、企業活動を支える優れた人材の確保・育成に向けた活動を精力的に進めてまいります。

また、都内の企業を代表する使用者団体の立場から、行政機関や労働団体等へ働きかけを行うとともに、(一社)日本経済団体連合会を構成する団体としてその意見形成に参画してまいります。

会長として、役員一同とともに、これまで以上に会員の皆様の期待に応えるべく、「頼りにされる経営者団体」を目指してまいりますので、関係各位のより一層のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

サイン